巻き爪の原因

巻き爪の原因の主たるものは、爪の下側が収縮することによって、表面の横幅に比して下側の横幅が狭くなりますので、その部分で、曲がってしまうことであると考えられています。

それが全体的に起こってしまうと、きれいな円の一部である円弧を描きます。局所的に起りますと、爪のその部分で強く屈曲してしまいます。

場合によっては、手術をしても残った部分で再発して、巻いてくることがあります。

ですので、もっとも大切なことは、再び巻いてくることを予防することなのです。

そのためには、普段から巻き爪を矯正することが大切です。

矯正キットを使用すると、今までの悩みがウソのように、とても簡単によくなった!という事例が多数あります!
↓↓↓
自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】


巻き爪対策

巻き爪の原因