巻き爪治療を自宅でする方法

巻き爪は、その原因は、古くは、靴の圧迫によって起ると考えられ、信じられていました。

しかしながら、最近、それは主たる原因ではないことが分かってきました。

主たる原因とは、爪の下側のケラチンが、横幅方向で収縮し、表面に比べて下側の方が短くなるために、変形してしまい、そのような形になってしまうのだそうです。

したがって、一度矯正して、ある程度形を戻しても、再び、徐々に巻いてくることが多くあります。

また、手術をして、その巻いて刺さっている部分の爪が生えないようにしても、残った爪が巻いてくることがあるのです。

ですから、一番大切なことは、再発を防止することなのです。

そのためには、簡単に矯正し、その後の形の調節を、自分ですることが出来るようにしておくことが、大切なこととなります。

矯正キットを使用すると、今までの悩みがウソのように、とても簡単によくなった!という事例が多数あります!
↓↓↓
自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】


巻き爪対策

巻き爪治療を自宅で!